【ユニクロ改マスク】売り切れ殺到したエアリズムマスクが接触冷感の生地が採用されリニューアルしていた
再生

ブラウザーで視聴する

【ユニクロ改マスク】売り切れ殺到したエアリズムマスクが接触冷感の生地が採用されリニューアルしていた

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【ユニクロ改マスク】売り切れ殺到したエアリズムマスクが接触冷感の生地が採用されリニューアルしていた

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【ユニクロ改マスク】売り切れ殺到したエアリズムマスクが接触冷感の生地が採用されリニューアルしていた

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【ユニクロ改マスク】売り切れ殺到したエアリズムマスクが接触冷感の生地が採用されリニューアルしていた

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【ユニクロ改マスク】売り切れ殺到したエアリズムマスクが接触冷感の生地が採用されリニューアルしていた

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【ユニクロ改マスク】売り切れ殺到したエアリズムマスクが接触冷感の生地が採用されリニューアルしていた

【ユニクロ改マスク】売り切れ殺到したエアリズムマスクが接触冷感の生地が採用されリニューアルしていた

売り切れ殺到したユニクロの『エアリズムマスク』。8月末に接触冷感生地を使ったものにアップデートされたようです。パッケージも新しくなり、そのことがアイコンで書かれています。 そこで今回は、以前のモノと新しいモノを付け比べて見ました。 まずパッケージですが、新しいモノは以前のモノに比べてひとまわり小さくなっています。 マスクの機能がわかりやすいように、アイコンで表示されています。 そこには「BFE・花粉99%カット」や「マシンウォッシャブル(ネット使用)」、「UV90%カット」と書かれていて、その中に「接触冷感(生地)」となっています。 ユニクロのAIRism(エアリズム)と言えば、通気性が良くて汗を速乾し、サラサラな肌触りなため、触るとヒンヤリするイメージがあります。それがマスクになったと言うことで、ヒンヤリと快適な感じをイメージでしたが、実際はそうでもなかったです。ところがユニクロは、新マスクでその点を改良してきました。 今度のは、進化したメッシュ素材で通気性が向上し、接触冷感になっています。実際につけ比べてみたところ、前のと比べて通気性が良くなり、快適になっています。これなら長時間着けていてもいい感じです。接触冷感とのことですが、触った時にヒンヤリする感じは、それほど無いのですが、前のに比べたらサラサラ感はアップしたように思います。前のタイプを持っている人にも、改良版はオススメです。 マスクの性能ですが、改良版も3層構造で、粒子をカットするフィルターや紫外線カットのメッシュ素材が使われていて、飛沫やUVをブロックし、なめらかな肌ざわりを実現しています。 ユニクロのマスクの場合、顔をピッタリと覆ってホールド感があるため、防御性能も高く、つけ心地も良いです。また、布マスクの場合、何度も洗って使えるのですが、手洗いしなくてはならず手間がかかります。その点、ユニクロのマスクの場合は洗濯機を利用しても大丈夫なので嬉しいところ。毎日洗うのも苦にはならなさそうです。 今回のは、カラーリングが増え、白に加えてグレーの新色も登場しました。サイズは、以前同様に、ふつうサイズのL(男性の大人用)、小さめサイズのM(女性の大人用)、子供向けのSと、3種類。 以前の発売当初と違って、いまは普通に店舗や公式サイトで買えますので、気になった方はチェックしてみるといいでしょう。 【今後もオモシロいガジェットや便利なモノ、新製品発表会や試乗会の様子などを紹介していきます。ガジェット関連の情報が知りたい人や、この動画が役に立ったら、下記URLよりフォロー&「いいね」をお願いします】 クリエイターのURLは、こちらです。 https://creators.yahoo.co.jp/kawamurakazuhiro <商品について> 商品名:エアリズムマスク(WASHABLE FACE MASK) メーカー:ユニクロ 内容量:3枚組 価格:各990円[税別] メーカー公式ホームページ:https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/airism-mask/ <撮影について> 撮影に使用したカメラや機材:SONY ZV-1、Apple iPhone 11 Pro Max <BGMと書体について> BGM:Nash Music Library 書体:フォントワークス

再生時間
00:01:00
配信期間
未定
タイトル情報
川村和弘
新商品や新サービス、流行りモノが好きなIT・ゲーム・ガジェット関連のライター&編集者。Instagramではスタバの映え写真を投稿中。昔はファミ通(ファミコン通信)編集部に在席し、ファミコン・スーパーファミコン版のドラゴンクエスト記事や、当時のゲームの裏ワザ(禁断の秘技)ページを担当。その後、フリーランスとして、iPhoneマガジン、たまごっち攻略本、ドローンの本などを手がける。近年は、モバイルプロジェクターの販売・広報なども行って大ヒットさせる。現在は、Projectorやジンバルカメラ、ガジェット関連のWebメディアを立ち上げ準備中。