【ミニチュア】SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -をご紹介します。
再生

ブラウザーで視聴する

【ミニチュア】SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -をご紹介します。

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【ミニチュア】SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -をご紹介します。

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【ミニチュア】SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -をご紹介します。

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【ミニチュア】SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -をご紹介します。

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【ミニチュア】SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -をご紹介します。

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【ミニチュア】SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -をご紹介します。

【ミニチュア】SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -をご紹介します。

こんにちは、Hanabira工房です。 今回はケンエレファントから販売されている 「SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -」(全6種)をご紹介します。 お酒好きでもそうでなくても、1度は目にしたことのある月桂冠。 お酒好きにはたまらない、可愛いミニチュアが登場しました。 1.四斗酒樽 72L容の大きな酒樽です。(一斗は18L) 一升瓶(1.8L)のお酒を40本分詰めることができます。 祝賀式や記念日などお祝い事に際して、鏡と呼ばれる円形の蓋を開く「鏡開き」に使われます。 2.「野球小僧」看板 酒販店の店頭で、びん詰酒をアピールするスタンド看板。 明治期の樽詰めが主流だった酒販売ですが、 月桂冠はびん詰酒の商品化に力を入れ始め、この看板が作られました。 3.一升びん上撰 「月桂冠のスタンダード」とも言われる、上撰の一升びんこんにちは、Hanabira工房です。 今回はケンエレファントから販売されている 「SAKEミニチュアコレクション- 京都 月桂冠 -」(全6種)をご紹介します。 1.四斗酒樽 72L容の大きな酒樽です。(一斗は18L) 一升瓶(1.8L)のお酒を40本分詰めることができます。 祝賀式や記念日などお祝い事に際して、鏡と呼ばれる円形の蓋を開く「鏡開き」に使われます。 2.「野球小僧」看板 酒販店の店頭で、びん詰酒をアピールするスタンド看板。 明治期の樽詰めが主流だった酒販売ですが、 月桂冠はびん詰酒の商品化に力を入れ始め、この看板が作られました。 3.一升びん上撰 「月桂冠のスタンダード」とも言われる、上撰の一升びん詰。 大正時代頃から代表商品に使われてきた意匠を受け継いでいます。 4.内蔵酒造場 1906(明治36)年に建設された月桂冠の酒蔵群。 蔵の前を流れる濠川は、16世紀、宇治川の水を引き込んで築かれた父子以上の外濠の名残です。 5.月桂冠レトロボトル 20世紀に鉄道網が日本全国に広がった頃、 駅弁と一緒にお酒を楽しんでもらえるよう開発されたのが「大倉式猪口付瓶」です。 びん口に被せたコップが針金に支えられてスイングする仕掛けにより、 汽車の振動の中でもこぼれにくい工夫がされています。 6.杉玉 昔は新酒ができたことを知らせるために酒屋の軒先に新しい杉玉が吊るされ、 酒屋の看板として定着するようになりました。 今でも秋の11月ごろに酒造りのシーズンを期して、 新しい杉玉が各酒蔵に吊るされます。

再生時間
00:00:58
配信期間
未定
タイトル情報
Hanabira工房
こちらはDIYの動画です。主にミニチュアを作っていて、100円の材料などを使った身近なもので出来るモノをつくったりしています。