【プラモ自由塗装】バンダイSWローグワンK-2SOを重機風塗装でイメチェン
再生

ブラウザーで視聴する

【プラモ自由塗装】バンダイSWローグワンK-2SOを重機風塗装でイメチェン

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【プラモ自由塗装】バンダイSWローグワンK-2SOを重機風塗装でイメチェン

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【プラモ自由塗装】バンダイSWローグワンK-2SOを重機風塗装でイメチェン

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【プラモ自由塗装】バンダイSWローグワンK-2SOを重機風塗装でイメチェン

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【プラモ自由塗装】バンダイSWローグワンK-2SOを重機風塗装でイメチェン

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【プラモ自由塗装】バンダイSWローグワンK-2SOを重機風塗装でイメチェン

【プラモ自由塗装】バンダイSWローグワンK-2SOを重機風塗装でイメチェン

「塗装が変わるとキャラクターも変わる」 今回は映画スターウォーズシリーズ『ローグ・ワン』に登場するロボット「K-2SO」を重機風塗装に仕上げてみました。 スターウォーズシリーズのスピンオフ映画でありながら、ファンからの支持も非常に高いこちらに登場するK-2SOはもともと帝国軍側のドロイドでしたが、劇中では反乱同盟軍に協力するインパクトのあるキャラクターとして活躍しました。 個人的にもK-2SOのやたら手足の長いアンバランスな感じのデザインが非常にツボで、気になっているキャラクターでした。 プラモデルはバンダイから2016年に発売されたものです。今回は塗装を施しましたが、こちらのキットは接着剤不要、また未塗装でもほぼ完成できるという初心者にも非常に嬉しい設計となっております。 【製作の手順】 ・塗装がしやすいレベルで仮組み ・黄色を塗装するためのサーフェイサーを塗装 ・イエローをエアーブラシ(スプレー) ・スミ入れ ・ステッカー(ハイキューパーツ社製のデカールを活用) 【工事現場で活躍しそうなドロイド】 複数のK-2SOが工事現場で働いている現場をイメージすると、映画とは全く違うほっこりしたストーリーが生まれてきそうです。一見、表情がない頭部が逆にカラー次第で色んな表情を妄想させてくれます。 【プラモデルだからこそ楽しめる立体の妄想】 頭の中で「こういう色と合うかもしれない」と妄想はすぐにできるものの、実際に立体造形物として手にするとやはり満足度が変わります。お気に入りのキャラクターなどをプラモデルで全く別の色に塗ってみてはいかがでしょうか。 次回はK-2SOと真逆の「蛍光ピンク」塗装のK-2SOをアップいたします! 是非フォローしてチェックしてみてください! ■参考情報/Yahoo!ショッピング バンダイ K-2SO https://shopping.yahoo.co.jp/products/624434435f?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ハイキューパーツ社製のデカール https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4534a7a09?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products BGM LEX by PeterSpacey Artlist

再生時間
00:01:17
配信期間
未定
タイトル情報
松本敦
「レンズの向こう側にあるワクワクを届ける」をコンセプトに映像だけに留まらず、雑誌やWEB媒体での執筆業務も行います。アクションカメラGoProを活用して思わず「行ってみたくなる」「やってみたくなる場所」やアクティビティなど紹介していきます。日常から一歩踏み出す一つのきっかけになれば幸いです。