【ブラシレタリング】1分でわかる!下ターンを上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門
再生

ブラウザーで視聴する

【ブラシレタリング】1分でわかる!下ターンを上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【ブラシレタリング】1分でわかる!下ターンを上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【ブラシレタリング】1分でわかる!下ターンを上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【ブラシレタリング】1分でわかる!下ターンを上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【ブラシレタリング】1分でわかる!下ターンを上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【ブラシレタリング】1分でわかる!下ターンを上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門

【ブラシレタリング】1分でわかる!下ターンを上手に書くコツ/bechoriのレタリング入門

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。 今回は筆ペンで書くブラシレタリングの基本、 下ターンの上手な書き方を解説します。 下で線をターンさせるこの線を アンダーターンと呼びます。 アンダーターンはほぼ全てのアルファベットに 使うとっても重要な線です。 見てのとおり線を曲げながら細くするのですが これが最初は難しい‥!初心者の方がつまづく 難所ですが、ペンの持ち方や線幅の変え方の コツを知ると一気に上達が早くなるでしょう。 詳細を以下に説明していきます。 ①太い線をゆっくりおろし、カーブさせながら  線を細くする 上から下の線は太く、下から上の線は太くします ②ペンは少し上を持ち、横に持って寝かせる ペンを縦に構えると線の強弱をつけづらいです。 ペン先から全体の1/3〜半分くらいの位置を持ち ペンを横に寝かせます。この角度が重要です。 この角度のままペン先を紙にそっとつけたら 圧をかけ、ペンを下に動かせば自然と太い線が 書けるようになります。 ③線を細くするタイミングはカーブの手前から 太い線から細い線へ移行するタイミングは カーブの少し手前から。筆圧を少しずつ抜き 徐々に穂先を浮かせ、最終的には穂先の先端で 細い線を書きます。ペンは常に横に寝かせます。 ④カーブは尖らず、縦線を並行に揃える 下のカーブの内側に円があるように滑らかな 曲線をイメージします。縦線はアルファベットの 大文字のUを書くイメージで並行に揃えます。 ポイントはペンを持つ角度! 常にペンを横に寝かせた状態をキープすること。 筆圧を徐々に抜き穂先を少しずつ浮かせることで 穂先と紙の接地面積をだんだん狭くし、 線を細くしていきます。 これを線を下でカーブさせながら行うので 最初は少しややこしいかもしれません。 繰り返し何度も練習してみてコツを 掴んでみてください。 この動画がいいなと思ったらいいねとフォローを してくれると嬉しいです! ■参考情報/Yahoo!ショッピング ぺんてる 筆タッチサインペン バーガンディ https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4elq2d0j9?sort_item=1

再生時間
00:00:54
配信期間
未定
タイトル情報
bechori
2016年から独学でレタリング・カリグラフィーを始め、InstagramやTwitterで作品を投稿。身近なものから本格的なものまで、様々なペン・画材を使っていろいろなスタイルの文字を書いています。手書きならではの温かみと味わいが改めて見直され、日本でも最近注目を集めているレタリング・カリグラフィー。初めての方でも試してみたくなるちょっとしたアイデアとコツ、手書きの楽しさをお伝えします。著書『bechoriのカラフルハンドレタリング』(メイツ出版)発売中