【パンのマナー】大人なら知っておきたい、パンの食べ方のマナー
再生

ブラウザーで視聴する

【パンのマナー】大人なら知っておきたい、パンの食べ方のマナー

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【パンのマナー】大人なら知っておきたい、パンの食べ方のマナー

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【パンのマナー】大人なら知っておきたい、パンの食べ方のマナー

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【パンのマナー】大人なら知っておきたい、パンの食べ方のマナー

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【パンのマナー】大人なら知っておきたい、パンの食べ方のマナー

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【パンのマナー】大人なら知っておきたい、パンの食べ方のマナー

【パンのマナー】大人なら知っておきたい、パンの食べ方のマナー

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 テーブルマナーの中から、パンのいただき方のマナーをご紹介します。 フルコースのお食事をいただくときに、ぜひ、心得ておいてください。 【1】ひと口大に小さくちぎって食べる パンは、ひと口大に小さくちぎって食べます。 スライスしたバゲットや丸いテーブルロールに、そのままかじりつくことのないようにしましょう。 【2】バターは少量ずつパンにのせる バターを、スライスされたパンにベターっと塗り広げてしまうのはNGです。 バターは、ひと口大にちぎったパンに少量づつのせて食べます。 ひとり分ずつカットされたバターは、自分のパン皿の上に置きましょう。 使用中のバターナイフは、刃が自分側を向くようにして、横向きに置きます。 【3】料理のソースをつけるときは、パンをフォークに刺してからつける 料理のソースをパンにつけたいときは、ひと口大のパンをフォークに刺してから、ソースにからめます。 ちぎったパンを手で持ったままつけるのはNGです。 パンは、パン皿の上にあるときは「パン」なので手でもOK。料理のお皿の上では、パンも「料理」という扱いになるのでフォークで食べる、という考え方です。 【4】片手にフォーク、片手にパンを持ち、交互に食べるのはNG 片手にフォーク、片手にパンを持ち、交互に食べるのは見苦しいものです。 パンを食べるときには、カトラリー類はテーブルに置きましょう。 【5】ひと口大にちぎったパンに、何度もかじりつくのはNG ひと口大にちぎったパンを両手で持ち、何度もかじりつくのはNGです。 小さくちぎっているのは、ひと口で食べられるようにするためです。 以上、パンについてのマナーをご紹介しました。 コース料理をいただくときには、ぜひ、思いだしてくださいね。 ※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。 最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことを、どうぞご了承くださいませ。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。