【スープのマナー】パンをつけるのはNG!?きちんと知っておくべきスープのいただき方
再生

ブラウザーで視聴する

【スープのマナー】パンをつけるのはNG!?きちんと知っておくべきスープのいただき方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【スープのマナー】パンをつけるのはNG!?きちんと知っておくべきスープのいただき方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【スープのマナー】パンをつけるのはNG!?きちんと知っておくべきスープのいただき方

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【スープのマナー】パンをつけるのはNG!?きちんと知っておくべきスープのいただき方

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【スープのマナー】パンをつけるのはNG!?きちんと知っておくべきスープのいただき方

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【スープのマナー】パンをつけるのはNG!?きちんと知っておくべきスープのいただき方

【スープのマナー】パンをつけるのはNG!?きちんと知っておくべきスープのいただき方

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 テーブルマナーの中から「スープのいただき方」についてご紹介します。 実は、スープのいただき方は、イギリス式とフランス式で少し違いがあります。 日本では、イギリス式のほうがよく知られていますので、ここではイギリス式でご紹介しますね。 【1】スプーンを動かす方向(英国式) スプーンを動かす方向は「手前から奥」です。 スプーンいっぱいになみなみとすくってしまうと、飲むときにこぼれやすくなります。 すくう量は、スプーンの際から1~2mm下を目安にすると良いでしょう。 【2】スプーンを下唇にあてて、スープを流しこむ 大きな口をあけてスプーンごとパクッと口に入れるのは、見た目が美しくありません。 キレイにいただくには、スプーンを水平に持ち、下唇にあてたら、スープをそっと流しこむようにします。 このとき、音をたてないこと。 すすると音が出てしまうので「流す」という動作を意識しましょう。 【3】パンにスープをつけることはしない フルコースのお食事では、パンにスープをつけることはしません。 スープは、完成されたひと皿の料理だからです。 スープそのものの美味しさを、味わいましょう。 【4】フーフーと息をふいて冷ますのはNG スープは適温で提供されますので、フーフーと息をふいて冷ますことはしません。 どうしても熱い場合は、スプーンの背中で表面を撫でるようにします。 金属であるスプーンの冷たさで、表面の温度を調整します。 【5】食べ終えたスプーンは、スープ皿の奥に置く スープ皿と受け皿がある場合、食べ終えたスプーンは、スープ皿の奥に置きます。 受け皿が無く、スープボウルのみの場合は、ボウルの中央に置きます。 こうしておくと「食べ終えた」というサインになり、ウェイターが下げてくれます。 以上、スープのテーブルマナーをお伝えしました。 ※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。 最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことを、どうぞご了承くださいませ。 <企画・制作> アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ <撮影協力・スタジオ提供> Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。