【シャンパンのマナー】知っていると差がつく!シャンパングラスのスマートな扱い方
再生

ブラウザーで視聴する

【シャンパンのマナー】知っていると差がつく!シャンパングラスのスマートな扱い方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【シャンパンのマナー】知っていると差がつく!シャンパングラスのスマートな扱い方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【シャンパンのマナー】知っていると差がつく!シャンパングラスのスマートな扱い方

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【シャンパンのマナー】知っていると差がつく!シャンパングラスのスマートな扱い方

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【シャンパンのマナー】知っていると差がつく!シャンパングラスのスマートな扱い方

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【シャンパンのマナー】知っていると差がつく!シャンパングラスのスマートな扱い方

【シャンパンのマナー】知っていると差がつく!シャンパングラスのスマートな扱い方

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 シャンパンといえば、金色の輝きが美しく、華やかな印象のお酒です。 シャンパンを楽しむためのグラスは、主に2種類。 フルートグラスと、クープグラスです。 一般的によく知られている縦長のものが、フルートグラス。 グラスの中でシャンパンが泡立つ姿が美しく、炭酸が飛びにくいのが特徴です。 平たいものは、クープグラス。 手早く注げるので、宴席など、大人数での乾杯などによく使われます。 シャンパンタワーに使われていることでも、お馴染みですね。 シャンパンをエレガントに飲むには、飲み干す瞬間にコツがあります。 何も意識していないと、グラスを真上に傾けて飲んでしまいますが、この姿、実はは見苦しいものです。 あごが上がり、お酒をあおるような姿になってしまいます。 そこでひと工夫。 グラスの中のシャンパンが残りわずかになってきたら、少し身体を斜めに向けて飲み干します。 このとき、目を閉じると色っぽいですよ。 その点、クープグラスはあごが上がってしまうことがありません。 「飲む姿が美しいから」と、マリー・アントワネットが好んだという説があります。 この時代の女性は、自分のバストの形をかたどって、クープグラスを作って楽しんだという話もあります。 当時のシャンパンは甘かったので、お菓子をひたして食べることもあったそうで、クープグラスが便利だったのでしょうね。 乾杯をするときは、グラスを掲げてアイコンタクトをします。 このとき、笑顔も忘れずに。 以上、シャンパングラスの扱い方をご紹介しました。 【まとめ】 ・フルートグラスとクープグラスの違いを覚えよう ・残りわずかになったら身体を斜めにして飲む ・乾杯は、グラスを掲げて笑顔とアイコンタクト ぜひ、覚えてくださいね。 <企画・制作> アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ <撮影協力・スタジオ提供> Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。
GYAO! 広告

映像一覧