【サラダのマナー】食べづらい野菜もこれでOK!サラダをキレイにいただくコツ
再生

ブラウザーで視聴する

【サラダのマナー】食べづらい野菜もこれでOK!サラダをキレイにいただくコツ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【サラダのマナー】食べづらい野菜もこれでOK!サラダをキレイにいただくコツ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【サラダのマナー】食べづらい野菜もこれでOK!サラダをキレイにいただくコツ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【サラダのマナー】食べづらい野菜もこれでOK!サラダをキレイにいただくコツ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【サラダのマナー】食べづらい野菜もこれでOK!サラダをキレイにいただくコツ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【サラダのマナー】食べづらい野菜もこれでOK!サラダをキレイにいただくコツ

【サラダのマナー】食べづらい野菜もこれでOK!サラダをキレイにいただくコツ

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 サラダをキレイに食べるコツについてお伝えします。 カットしづらい大きなレタス、コロコロと転がってしまう豆類、うまくフォークに刺さらないミニトマトなど、サラダをキレイに食べるのは、意外と難しいですよね。 でも、大丈夫。 ちょっとしたコツを押さえておけば、スマートに食べられるようになりますよ。 以下、3つのコツを覚えてくださいね。 【1】葉物野菜には、ナイフを入れない 基本、サラダの野菜はひと口大で提供されますので、ナイフを入れるということはしません。 ただし、レタスなど大きめの葉物野菜で、どうしても口に入らない大きさのものがあった場合は「カットせずに折り畳む」と覚えてください。 葉物野菜を無理にナイフでカットすると、歯ごたえが悪くなってしまいます。 ナイフとフォークでひと口大に折り畳むようにしましょう。 【2】転がりやすい豆類は、フォークの内側に乗せる ひよこ豆やコーンなど、転がりやすい野菜をフォークで刺そうとしてもなかなかうまくいきません。 フォークとナイフの持ち方を変えるのがコツです。 フォークは左手で内側が上になるように、ナイフは右手でペンを持つように持ち替えます。 豆類をナイフで寄せるようにして、フォークの内側に乗せて食べます。 【3】ミニトマトは、ナイフでサポートしてからフォークで刺す ミニトマトも転がりやすい野菜です。 フォークだけで刺そうとすると、お皿の上でコロコロと転がってしまいます。 そんなときは、ナイフでサポートするのがコツ。 トマトの側面にナイフをあて、壁を作るようにします。 そのまま、斜め上からフォークでそっと刺せばOK。 トマトの水分が飛び散ることも防げます。 以上、サラダをキレイにいただくコツについてお伝えしました。 ぜひ、試してみてくださいね。 ※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。 最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことを、どうぞご了承くださいませ。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。