【そこまでやるか】妥協なきスポーティADV KTM『1290 SUPER ADVENTURE S』
再生

ブラウザーで視聴する

【そこまでやるか】妥協なきスポーティADV KTM『1290 SUPER ADVENTURE S』

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【そこまでやるか】妥協なきスポーティADV KTM『1290 SUPER ADVENTURE S』

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【そこまでやるか】妥協なきスポーティADV KTM『1290 SUPER ADVENTURE S』

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【そこまでやるか】妥協なきスポーティADV KTM『1290 SUPER ADVENTURE S』

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【そこまでやるか】妥協なきスポーティADV KTM『1290 SUPER ADVENTURE S』

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【そこまでやるか】妥協なきスポーティADV KTM『1290 SUPER ADVENTURE S』

【そこまでやるか】妥協なきスポーティADV KTM『1290 SUPER ADVENTURE S』

オートバイには 『アドベンチャー』というジャンルがある。 大きめのウィンドスクリーンに やや高めの車高に ダートも走れそうなタイヤ・・・ 高速道路もダートも、とにかく何処へでも走っていける コンセプトのオートバイがそう呼ばれる(らしい) アドベンチャーモデルは基本的に 長い巡航距離を快適に、と ツアラーポジションでも有るのだが この『1290 SUPER ADVENTURE S』は KTMのフラッグシップネイキッド『1290 SUPER DUKE R』(別名ビースト) と同じ1301ccの怪物エンジンを搭載しているのである。 アドベンチャーモデルにまさかのKTM最強エンジン搭載。 猛獣のようなパワフルさは想像に難しくはない。 そして更に進化したIMU(6軸センサー)にて 走るステージに最適化されたトラクション・ABS制御を行ってくれ ライダーは安心してアクセルを開けていけるのである(=ADVモデルながら走りを愉しめる) アドベンチャー(ツアラー)モデルでも あくまでKTMは『READY TO RACE』。 流石だと思いました!

再生時間
00:00:43
配信期間
未定
タイトル情報
Woka Rider
ヘルメットにカメラを装着して日本中をバイクで走り回り、その時に撮影したツーリング風景、バイクや車の試乗、それに関連するガジェット等のレビューなどなど多様な映像制作を行っております。観る人すべてにその「楽しさ」「良さ」を届けたい、伝えたいと思い活動しております。イラストも制作したりもします。自他ともに認めるアニメオタク。