【おでんのマナー】お箸のタブーに気をつけたい、おでんの食べ方
再生

ブラウザーで視聴する

【おでんのマナー】お箸のタブーに気をつけたい、おでんの食べ方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【おでんのマナー】お箸のタブーに気をつけたい、おでんの食べ方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【おでんのマナー】お箸のタブーに気をつけたい、おでんの食べ方

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【おでんのマナー】お箸のタブーに気をつけたい、おでんの食べ方

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【おでんのマナー】お箸のタブーに気をつけたい、おでんの食べ方

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【おでんのマナー】お箸のタブーに気をつけたい、おでんの食べ方

【おでんのマナー】お箸のタブーに気をつけたい、おでんの食べ方

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 アツアツのおでんがおいしい季節になりました。 とてもおいしいけれど、お箸使いが難しい具材もありますね。 スムーズに食べられるよう、おでんのマナーをご紹介します。 ・具材に箸を突き立てるのはNG 具材に箸を突き刺して持ち上げるのはNGです。 「刺し箸」という、嫌い箸(箸の不作法)にあたります。 大根などの大きな具材は、ひと口サイズに切ってからいただきましょう。 ・具材はひとつずつ食べ終える 具材は、ひとつずつ食べ終えることを心がけましょう。 一度かじったものを取り皿に置き、違うものを食べる。またかじっては置き、違うものを食べる。 ということを繰り返すのは見苦しいです。 なるべく、かじった歯型を見せないよう、ひとつずつ食べ終えましょう ・練りからしは具材に少量のせる 練りからしをつゆに溶かさないようにしましょう。 つゆに溶かすと、つゆ全体が辛くなってしまいます。 具材に少量のせて、風味を楽しみながらいただきましょう。 ・つゆをポタポタたらさないように 箸で持ち上げた具材から、つゆをポタポタたらすのはNGです。 「涙箸」という嫌い箸(箸の不作法)にあたります。 しらたきなど、つゆがたれそうな具材は、取り皿のふちでつゆを切りましょう。 以上、おでんのマナーをご紹介しました。 アツアツのおでんを楽しんでくださいね。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。