【おしるこのマナー】やさしい甘さにほっこり癒される、おしるこのいただき方
再生

ブラウザーで視聴する

【おしるこのマナー】やさしい甘さにほっこり癒される、おしるこのいただき方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【おしるこのマナー】やさしい甘さにほっこり癒される、おしるこのいただき方

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【おしるこのマナー】やさしい甘さにほっこり癒される、おしるこのいただき方

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【おしるこのマナー】やさしい甘さにほっこり癒される、おしるこのいただき方

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【おしるこのマナー】やさしい甘さにほっこり癒される、おしるこのいただき方

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【おしるこのマナー】やさしい甘さにほっこり癒される、おしるこのいただき方

【おしるこのマナー】やさしい甘さにほっこり癒される、おしるこのいただき方

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 寒い季節にひときわ美味しい、おしるこのマナーをご紹介します。 ・汁を飲むときは、お餅を箸先でおさえる まずは、汁からいただきます。 小豆の風味を楽しみましょう。 汁を飲むときは、箸の先でお餅を押さえながらいただきます。 ・お餅を箸でのばして切るのはNG 大きなお餅にかぶりつき、そのまま箸でのばして切ろうとする姿は、とても見苦しいです。 お椀の中で、箸でひと口大に切ってからいただきましょう。 ・手皿はNG 片手を、受け皿のようにして箸の下に添えるのは「手皿」というNGしぐさです。 汁がたれてしまいそうなときは、お椀を持って受けましょう。 ・塩昆布は味のアクセント お店でおしるこを注文すると、塩昆布やお漬物が添えられていることがあります。 これは、塩辛いものをいただくことで、甘みを引きたてるよう、味のアクセントのために添えられています。 箸でつまんで、そのままいただきましょう。 以上、おしるこのマナーをご紹介しました。 小豆は古来、邪気払いの食べ物とされていました。 ぜひ、心身をあたためてくださいね。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。