「日本全国福むすび」 ~福ギフト  福井の涼グッズ完結編~
再生

ブラウザーで視聴する

「日本全国福むすび」 ~福ギフト  福井の涼グッズ完結編~

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

「日本全国福むすび」 ~福ギフト  福井の涼グッズ完結編~

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「日本全国福むすび」 ~福ギフト  福井の涼グッズ完結編~

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「日本全国福むすび」 ~福ギフト  福井の涼グッズ完結編~

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
「日本全国福むすび」 ~福ギフト  福井の涼グッズ完結編~

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

「日本全国福むすび」 ~福ギフト 福井の涼グッズ完結編~

「日本全国福むすび」 ~福ギフト 福井の涼グッズ完結編~

県外でお世話になった方へ福井の涼グッズを贈る企画。最後の涼グッズを求めて向かったのは坂井市丸岡町。そこで出会ったのは世界平和のために活動している福井県ご当地アイドルヒーローはっぴーすマン。 はっぴーすマンから国内シェアNo.1の技術でマスクを作っている会社があると教わり向かう事に。そこは浴衣帯メーカーの老舗小杉織物、独自の技術で浴衣帯の国内シェアNo.1の企業。年間200万本を出荷している小杉織物ですが、新型コロナウイルスの影響で生産がストップ。そこで考えたのが、浴衣帯の技術を使ってマスクを作ることでした。 早速、マスクを製造している工場へ。4月から販売を始めたマスクは口コミで広がりこれまでに40万枚を出荷!社員総出で対応しても追いつかないほどの人気。 そのマスクは浴衣帯の生地で作られた絹のマスク。さらに特殊メッシュ織という浴衣帯の技術で織られた通気性のいい生地を使っているんです。 その着け心地に隊長は、「初体験!涼しい!」と感激。 だた、どうしてマスクを作ることになったのか?その理由を聞くと… マスクに必要な材料が帯の材料と偶然にも重なっていたそうなのです。例えば、マスクのフィルターとして使う不織布は帯の強度を高めるために使用していたものを。ノーズワイヤーは浴衣帯の結びめを形状記憶するために使っていたワイヤーを使用しています。 さらに、収縮する帯を編む技術を利用して耳ゴムも開発。この絹マスクは浴衣帯の技術が詰まった涼マスクだったのです。 これを福ギフトに決めた隊長、今回も自分で作りたいと提案。 という事で、マスクを作って2カ月、デザインを担当していた中島さんに教えてもらう事になりました。中島さんに仕事がストップした3月ごろの話を伺うと、「どうやって生きていけばいいか分からなかった。今はマスクを作ることができてうれしい」と話してくれました。会社の危機を救ったマスク作りの特徴は立体感。中島さんは1枚を1分半で完成。さて隊長はというと、初めてのミシン使いにアタフタ。中島さんに助けてもらいながら23分かかり、ようやく完成。このマスクを福ギフトになるか社長に判断してもらう事になりました。 そもそもこのマスクを考案したのは小杉織物社長の小杉秀則さん。早速マスクを見てもらうと、これはアートだと言われるほどの縫い方で、残念ながらNG。今回は小杉織物で製造されたマスクを福ギフトにすることに… 最後に帯メーカーとしてのこれからを伺うと「今はマスクで繋いでいるが、いつか帯が織れる機会が来ることを信じて頑張る」という熱い言葉をいただきました。 高級水揉み紙で作られた越前和紙のうちわ、香川県の伝統工芸が結ばれた越前和紙のうちわ、浴衣帯の生地で作られた絹のマスク。この3つの福井の魅力がつまった涼グッズが集まり、隊長が心に残る県外のお2人に福ギフトをお届けしました。その感想をオンラインで聞くことに。 2018年8月に三重県津市で上志比にんにくを広めるためお世話になった力士料理金鍋の女将、平松さんと今年2月に愛知県幸田町で福井のジャンボシイタケ「香福茸」を広めるため協力してくれた洋ラン農家の稲吉さんにオンラインで再会! お2人ともコロナの影響で大変な状況ではあるそうですが、3つの涼グッズをとても喜んでいただけました。そして、いつかまた会える日を信じ、福むすびポーズで再会を約束したのでした。

再生時間
00:21:36
配信期間
未定
タイトル情報
「日本全国 福むすび」
福井が誇る特産品や伝統工芸品など、福井の良いものを学び、全国各地にその魅力を伝えよう! という番組。福井と全国の新しい出会いを結ぶために今日も行くのだ!