「日本全国 福むすび」 ~FUKUI縁起物コレクション 越前打刃物編②
再生

ブラウザーで視聴する

「日本全国 福むすび」 ~FUKUI縁起物コレクション 越前打刃物編②

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

「日本全国 福むすび」 ~FUKUI縁起物コレクション 越前打刃物編②

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「日本全国 福むすび」 ~FUKUI縁起物コレクション 越前打刃物編②

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「日本全国 福むすび」 ~FUKUI縁起物コレクション 越前打刃物編②

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
「日本全国 福むすび」 ~FUKUI縁起物コレクション 越前打刃物編②

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

「日本全国 福むすび」 ~FUKUI縁起物コレクション 越前打刃物編②

「日本全国 福むすび」 ~FUKUI縁起物コレクション 越前打刃物編②

福むすび100回カウントダウン企画FUKUI縁起物コレクション、第一弾の縁起物は明るい未来を切り開く「越前打刃物」。 前回、越前打刃物会館でその魅力と切れ味を学んだ隊長は、自ら作ったステーキナイフをコレクションするために龍泉刃物へ。 創業71年の龍泉刃物が作る刃物の特徴はその模様。「龍泉輪」といって、龍が泉から天高く昇る時に水面に広がる波紋をイメージしています。 隊長のステーキナイフ作りは、まずその龍泉輪をたたき出すという作業からスタート。 入社13年目の北村さんに教えてもらいながら、ひたすら打ち込むのでした。 続いては焼き入れ工程へ。1060℃の高温の中に入れることで、刃物の硬度を出すこの作業。留め具を落としたり、軍手が挟まったり…ちょっとした騒動があったものの、これも無事に完了。 そして、いよいよ作業のメイン・研ぎへ。こちらの先生は、入社8年目の野口さん。 研ぎのコツは音で聞き分けること。刃物が砥石に対して鋭角に当たっていると高い音が、鈍角に当たっていると低い音がするんですって! この耳と、そして指先のわずかな感覚だけを頼りに行う研ぎ作業は、極限の集中力との戦い!さらに、この研ぎ作業は何工程にも分かれていて、ひたすら磨くことで刃物がどんどんと美しく生まれ変わるのです。 研ぎ続けることおよそ2時間が経過…。見事に、きれいな模様が浮き出たステーキナイフが完成しました。 最後に、実際にステーキを食べてみることに。その切れ味に隊長も感動! 見事、明るい未来を切り開く越前打刃物のステーキナイフをコレクションしたのでした。 また、番組では新コーナー「隊長散歩」も。 今回のお散歩場所は、越前市南地区。現在は越前市の郊外に打刃物の町がありますが、昭和50年代まではこの場所が越前打刃物の町だったのです。 今でも問屋の看板や建物が残るこの町をぶらぶらとお散歩。 そこで、鍛冶屋町の名残を残すものがあると教えてもらい、大寶寺へ。そこにあったのは「おんだしの鐘」。その昔、鍛冶屋の見習いが朝3時に起きて仕事を始める際、目覚ましとして突かれていた鐘で、布団から「追い出す」が変化して「おんだし」と呼ばれるようになったそうですよ。

再生時間
00:21:45
配信期間
未定
タイトル情報
「日本全国 福むすび」
福井が誇る特産品や伝統工芸品など、福井の良いものを学び、全国各地にその魅力を伝えよう! という番組。福井と全国の新しい出会いを結ぶために今日も行くのだ!