「日本全国 福むすび」 ~福井で鬼探し! 越前市編~
再生

ブラウザーで視聴する

「日本全国 福むすび」 ~福井で鬼探し! 越前市編~

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

「日本全国 福むすび」 ~福井で鬼探し! 越前市編~

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「日本全国 福むすび」 ~福井で鬼探し! 越前市編~

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「日本全国 福むすび」 ~福井で鬼探し! 越前市編~

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
「日本全国 福むすび」 ~福井で鬼探し! 越前市編~

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

「日本全国 福むすび」 ~福井で鬼探し! 越前市編~

「日本全国 福むすび」 ~福井で鬼探し! 越前市編~

新シリーズ「福井で鬼探し!」がスタート。 福井県内で鬼にまつわるものを巡っちゃおうというこの企画。今回の舞台は越前市です。 まずやってきたのは、越前市池ノ上町。こちらにいた「鬼」は鬼瓦を作る職人=鬼師の北川順一さん。江戸時代から続く北川鬼瓦の6代目なんです。展示場を見せてもらうと、そこには鬼瓦がずらり…。鬼瓦は、元々は屋根の隙間を埋めるために作られたもの。そのモチーフは鬼だけではなく、龍や虎、鶴、亀などがあり、魔除けや縁起物として家を守るものなんですって。この北川鬼瓦では、全て手作業で彫っているそうですよ。 順一さんの師匠は、母・富子さん。鬼瓦の世界で唯一の女性親方といわれていて、2019年には黄綬褒章も受賞したほどの職人なんです。「一生母には追いつけない」という順一さんに対して、「マイペースに精進してもらえれば私なんてすぐに追い抜く」という富子さん。母子で互いを尊重しながら作品を作っているんですね。 そんな順一さんの彫り作業を見学させてもらうことに…。止まっているものなのに、ひとたびヘラで彫っていけば躍動感が出てきます。子どもの頃、先々代の祖父が作っていた鯉がまるで泳いでいるように、生きているように見えたことが面白くて鬼瓦の職人になろうと決めた順一さん。何十年とお客様の家を守ることになる鬼瓦作りは、プレッシャーとの戦い。とにかく格好良く作れるように努力を重ねているんですって。また、鬼瓦の置物など若い発想で新しい展開にも挑戦しているそうですよ。お母さんと共にこれからも盛り上げていってほしいですね! 続いて出会ったのは越前市の地域おこし協力隊で北海道出身の宗田光一さん。画家としても活動している宗田さんは越前市に来て「鬼」の絵本を描いたんです! 宗田さんの創作絵本「めおと鬼」は、親を亡くした子どもを育てる鬼の夫婦の物語。宗田さんが福井にやってきて感じた人の優しさ・奥ゆかしさを表現したんですって。優しい表情で描かれた鬼を見ていたら、隊長、自分のことも描いてほしくなったようで…。宗田さんにお願いすると快くOKをもらいました。また、絵が得意な隊長も宗田さんの似顔絵を描くことに。 宗田さんは水彩の絵の具を使って色を重ねていく手法をとっており、パステル調の穏やかな表情をした桑原隊長が出来上がりました!一方、隊長が描いた宗田さんの似顔絵は、「この想像力はすごい」と宗田さんに言ってもらえる作品に…。屈強な鬼の姿をしながらもとても優しい表情の宗田さんがいましたよ。描いた絵は互いにプレゼントしちゃいました。 最後に今後の目標を聞いてみると、越前市の地域おこし協力隊にいる間に、もう1冊絵本を作って仕上げたいと語った宗田さん。次の絵本も楽しみです! 宗田さんの創作絵本「めおと鬼」は、福井県立図書館など全国の都道府県立図書館に置いてあります。また、越前和紙の里 パピルス館の館内ショップで販売もしていますよ。興味がある方はぜひ読んでみて下さいね。

再生時間
00:21:25
配信期間
未定
タイトル情報
「日本全国 福むすび」
福井が誇る特産品や伝統工芸品など、福井の良いものを学び、全国各地にその魅力を伝えよう! という番組。福井と全国の新しい出会いを結ぶために今日も行くのだ!