「地上最大獣」 ゾウのポンコツ伝説
再生

ブラウザーで視聴する

「地上最大獣」 ゾウのポンコツ伝説

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

「地上最大獣」 ゾウのポンコツ伝説

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「地上最大獣」 ゾウのポンコツ伝説

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「地上最大獣」 ゾウのポンコツ伝説

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
「地上最大獣」 ゾウのポンコツ伝説

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

「地上最大獣」 ゾウのポンコツ伝説

「地上最大獣」 ゾウのポンコツ伝説

地上最大の動物、ゾウ。その巨大な体格だけでなく、最大時速60キロの突進力も武器。優しそうなイメージもありますが、オスは気性が荒くライオンも近寄れないほどです。 でも実は……「段差」のある場所が苦手! 体の構造上、肩や股関節をまわせないため、一度コケてしまうと自分では簡単に起き上がれません。だから、ちょっとした溝でも怖がってしまうのです。 ■監修:新宅広二 1968年生まれ。生態科学研究機構理事長。動物行動学と教育工学を専門にし、大学院修了後に上野動物園、多摩動物公園に勤務。国内外のネイチャー・ドキュメンタリー、動物バラエティー番組の監修を手がけるほか、動物園・水族館などの展示企画・監修を手がける。著書に「しくじり動物大集合」「もっとしくじり動物大集合」(永岡書店)、「いきもの寿命ずかん」(東京書籍)、「すごいぜ!! 動物スポーツ選手権」(辰巳出版)など。近作、映画「アース:アメイジング・デイ」、テレビドラマ「僕らは奇跡でできている」(主演・高橋一生)監修。

再生時間
00:00:41
配信期間
未定
タイトル情報
どうぶつトリビア by Yahoo!映像トピックス
「どうしてそうなった?」ついついツッコんでしまいたくなるフシギな動物たちの生態や、あっと驚くエピソードが満載。 ハムスターに隠された衝撃の事実とは? ネコがトイレの水を飲もうとする理由は? 動物たちのフシギな生態や、あっと驚くエピソードの数々。知れば思わず誰かに教えたくなるトリビアを、動画でご紹介します。