「カリカリじゃこの納豆トースト」食感も味わいも…重ねて大満足!松田美智子の本当においしい朝ごはん#2
再生

ブラウザーで視聴する

「カリカリじゃこの納豆トースト」食感も味わいも…重ねて大満足!松田美智子の本当においしい朝ごはん#2

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

「カリカリじゃこの納豆トースト」食感も味わいも…重ねて大満足!松田美智子の本当においしい朝ごはん#2

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「カリカリじゃこの納豆トースト」食感も味わいも…重ねて大満足!松田美智子の本当においしい朝ごはん#2

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「カリカリじゃこの納豆トースト」食感も味わいも…重ねて大満足!松田美智子の本当においしい朝ごはん#2

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
「カリカリじゃこの納豆トースト」食感も味わいも…重ねて大満足!松田美智子の本当においしい朝ごはん#2

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

「カリカリじゃこの納豆トースト」食感も味わいも…重ねて大満足!松田美智子の本当においしい朝ごはん#2

「カリカリじゃこの納豆トースト」食感も味わいも…重ねて大満足!松田美智子の本当においしい朝ごはん#2

おいしい朝ごはん、食べてますか? 朝ごはんは、頭と体の始動スイッチをONにする大切な食事。頭をシャキッと目覚めさせる炭水化物、エネルギーの源となるたんぱく質を中心にバランスよく摂りたいものです。 とはいえ、忙しい朝にあれこれ用意するのは無理!という人のために、料理研究家の松田美智子先生から、おいしくて簡単、元気になるとっておきの朝ごはんメニューの提案です。今回は、納豆とじゃこを使ったトーストをご紹介します。 きゅうりとトマトのみずみずしさがオアシスに! “キング・オブ・カルシウム”のじゃこは、オリーブ油でカリッとさせて噛み応えをプラス、納豆は塩とオリーブオイルで香りよくさっぱりといただきます。 カリカリじゃこはまとめて作って保存しておけば、ご飯にもお弁当にも大活躍です。“カリカリ感”を徹底するために、パンはオイルスプレーしてからトーストします。 「食パンはオリーブ油をスプレーしてから焼くと、それがコーティングとなって野菜をのせてもべちゃっとせず、かえってきゅうりやトマトのフレッシュな味わいを楽しめます。 それから大事なのはお塩。このメニューに限らずですが、調味料はほとんどの場合、“安かろう、悪かろう”だと思ってください。特に塩は料理の味を左右する要。高いといってもカフェのコーヒー1杯分程度の差です。ぜひ、上質のものをお使いください」(松田さん) 「カリカリじゃこの納豆トースト」の作り方 材料(1人分) <カリカリじゃこ> じゃこ 1/2カップ オリーブオイル 1/4カップ 食パン  1枚 海苔  1枚(10cm x 10cm) きゅうり 1/2本(5mm厚さの縦切り4枚分) トマト 薄めの輪切りにしたものを1枚 納豆 1/2カップ オリーブオイル 大さじ1 塩 小さじ1/3 白こしょう 少量 作り方 じゃことオリーブ油をフライパンなどに合わせて中弱火にかける。菜箸で絶えず混ぜながら、カリカリになるまで炒める。 ペーパータオルを敷いた平ザルにじゃこを広げて油を切る。密封容器に入れて冷蔵庫で4〜5日保存可能。 トースト用食パンにオリーブオイル(分量外)を軽くスプレーしてトーストする。 きゅうり、トマト、のりを重ね、塩とオリーブオイルを入れてよく混ぜた納豆をのせる。最後にカリカリのじゃこ大さじ2を盛り、白こしょうを軽くふる。 動画・写真撮影/鍋島徳恭 松田美智子(まつだみちこ) 1955年東京生まれ。女子美術大学卒業後、料理研究家のホルトハウス房子さんに師事、各国の家庭料理や日本料理を学ぶ。1993年から「松田美智子料理教室」を主宰。テーブルコーディネーター、女子美術大学講師、日本雑穀協会理事も務める。使いやすさにこだわったオリジナル調理ブランド「松田美智子の自在道具」も好評。

再生時間
00:00:47
配信期間
未定
タイトル情報
kufura(クフラ)小学館公式