「ひな祭りのちらし寿司」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん
再生

ブラウザーで視聴する

「ひな祭りのちらし寿司」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

「ひな祭りのちらし寿司」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「ひな祭りのちらし寿司」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「ひな祭りのちらし寿司」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
「ひな祭りのちらし寿司」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

「ひな祭りのちらし寿司」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

「ひな祭りのちらし寿司」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

嫁の美味しい笑顔を見るために、日々なにをつくろうかなぁと考えて料理をしています。 *** <材料> あさり:約12個 酒: 50cc B みりん: 大さじ1 B 醤油: 大さじ1/2 B 砂糖: 小さじ1/2 むき海老:6匹 絹さや:8本 きゅうり:1/2本 レンコン:8切れ 卵:一個 いくら:適量(25g) 柴漬け:適量(25g) ガリ:一袋(水気を切って30g) 紅芯大根:5切れ 米:2合 A:ガリの甘酢:40cc A:酢:40cc  *ガリの甘酢:酢 = 2:2 <作り方> 1. 炊きたてのご飯2合に、Aを合わせて、切るように混ぜて酢飯を作る 2. あさりは、酒と一緒にフライパンに入れて、蓋をして中火で酒蒸しにする。あさりの口が開いたら、殻から外し、B(みりん、醤油、砂糖)を入れて煮詰めます。 3. むき海老は、さっと沸騰したお湯にくぐらせる 4. 絹さやは、沸騰したお湯で30秒茹でて、冷水に晒して水分をよく切って、斜め切りにする 5. きゅうりは、薄く輪切りにして塩揉みをし、しんなりしたらよく絞って水を切る 6. レンコンは、薄切りにして、酢を入れたお湯で茹でて、水に晒して水分をよく切っておく 7. 卵は錦糸卵にする 8. ガリは荒くみじん切りにする 9. お重に順番に盛り付けて完成

再生時間
00:03:44
配信期間
未定
タイトル情報
井上豪希
おもてなし夫婦ユニット「てとてと」の料理担当で旦那の方です。自然豊かな大分県玖珠町に生まれ、野菜も肉も獲って食うことが自然な環境で育ちました。料理人の父親の影響もあり、5歳から包丁を握っていたそうです。お店より美味しいホームパーティーが体験できる「てとてと食堂」の主宰でオーナーシェフをやっています。その一方で日常のご飯は、「いかに嫁をよろこばせられるか」「簡単に美味しくできるか」に主眼をおいて研究と研鑽の日々を送っています。「嫁をよろこばせる旦那ごはん」というテーマで、そんな日常のレシピと調理風景をお届けしたいと思います。