「おらほの総理」歓喜の故郷 生家に垂れ幕、祝砲21発
再生

ブラウザーで視聴する

「おらほの総理」歓喜の故郷 生家に垂れ幕、祝砲21発

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

「おらほの総理」歓喜の故郷 生家に垂れ幕、祝砲21発

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「おらほの総理」歓喜の故郷 生家に垂れ幕、祝砲21発

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「おらほの総理」歓喜の故郷 生家に垂れ幕、祝砲21発

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
「おらほの総理」歓喜の故郷 生家に垂れ幕、祝砲21発

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

「おらほの総理」歓喜の故郷 生家に垂れ幕、祝砲21発

「おらほの総理」歓喜の故郷 生家に垂れ幕、祝砲21発

まで

 秋田県湯沢市秋ノ宮にある菅義偉氏の生家では16日、衆議院での首相指名と同時に「祝 秋田県初 菅義偉総理大臣誕生おめでとう」の垂れ幕が掲げられ、21発の祝砲が鳴り響いた。夜になると生家はライトアップされ、午後7時に祝福の花火が打ち上げられた。  周辺には、菅氏の母校・秋ノ宮中学校の卒業生が作った祝いののぼりも設置された。デザインした菅博克さん(61)は「こういう機会に巡り合えることは二度とないだろう」と話した。  湯沢市役所ではパブリックビューイングがあり、首相指名選挙の中継を約160人の市民らが見守った。衆院で開票結果が発表され、選出が確実になるとファンファーレが鳴り響き、菅氏の似顔絵が描かれたTシャツを着た鈴木俊夫市長は「おらほの(私たちの)総理といって間違いない。地方にとって元気の出る政治を実行してもらいたい」と喜んだ。  パブリックビューイングに息子(7)と訪れた竹本清美さん(45)は、紳士靴を製造する会社で働いているが、新型コロナウイルスの影響で5月以降は月の半分が休業状態。「仕事がないと食べることも子どもを育てることもできない。経済を回して家計が潤う政策をしてほしい」と話した。

再生時間
00:01:29
配信期間
タイトル情報
朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタルで配信された動画の中から選りすぐりをお届けします。