“イズ”鶴嶋乃愛、山本耕史のご指名に…“てへっ”可愛いポーズで照れ笑い!
再生

ブラウザーで視聴する

“イズ”鶴嶋乃愛、山本耕史のご指名に…“てへっ”可愛いポーズで照れ笑い!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

“イズ”鶴嶋乃愛、山本耕史のご指名に…“てへっ”可愛いポーズで照れ笑い!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
“イズ”鶴嶋乃愛、山本耕史のご指名に…“てへっ”可愛いポーズで照れ笑い!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
“イズ”鶴嶋乃愛、山本耕史のご指名に…“てへっ”可愛いポーズで照れ笑い!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
“イズ”鶴嶋乃愛、山本耕史のご指名に…“てへっ”可愛いポーズで照れ笑い!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

“イズ”鶴嶋乃愛、山本耕史のご指名に…“てへっ”可愛いポーズで照れ笑い!

“イズ”鶴嶋乃愛、山本耕史のご指名に…“てへっ”可愛いポーズで照れ笑い!

 女優の鶴嶋乃愛が21日、都内で行われた『仮面ライダージオウ』と『仮面ライダーゼロワン』の新作映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』の公開初日舞台あいさつに登壇した。  鶴嶋は『ゼロワン』にイズ役で、大幡は『ジオウ』にツクヨミ役で出演。それぞれ、ヒロインを務めている。本作について仮面ライダーゼロワン/飛電或人役の高橋文哉は「或人はテレビシリーズの中では感情をあらわにしてこなかった。悔しいと思ってもイズの前で笑ったり、自分を装って笑いを取ったり。この映画だと或人の感情をモロに対峙している人にぶつける。或人らしくない中で、どう或人として演者さんにぶつかるかを意識しました」と熱い思いを打ち明ける。  『ゼロワン』では「アルトじゃないと~」というギャグでおなじみの或人だが「ただ、デカい声でギャグをやっているだけじゃないぞ、というものを、この映画でお見せしたかった」と胸を張った。そして、そんな或人に引っ張られたのがイズだった。鶴嶋は「イズはヒューマギアなので、感情あらわにすることは本編では、まだまだない。感情を出す或人の近くにいるからこそ、あのイズが出たのかな」と振り返ると「ラストシーンは文哉くんと考えてやったので、お気に入りです」とアピールした。  すると大幡しえりは「最後のシーンが1番、笑えました」と笑顔。“スベりギャグ”である「アルトじゃないと~」をガチで笑っていることを公言している大幡について、奥野壮は「本気で面白がってた」と証言する。高橋は「大幡さんは笑いのツボが、うちの不破諫と一緒」と苦笑いで岡田龍太郎演じる仮面ライダーバルカン/不破諫になぞらえていた。  本作で描かれるのは、タイムジャッカー・フィーニス(生駒里奈)によって歴史改変され、人間たちがヒューマギアたちによって支配されているという仮面ライダーゼロワンの世界。さらに、アナザーゼロワンの登場により仮面ライダーゼロワンの力を失ってしまった飛電或人(高橋文哉)は、仮面ライダージオウの常磐ソウゴ(奥野壮)と共に“すべてが始まった日”の12年前にタイムトラベルし、事件の真相に迫っていく。  歴代平成仮面ライダーの力を駆使し、過去・現在・未来と時間移動を繰り返し、先の読めないストーリーで話題を呼んだ『仮面ライダージオウ』と、現在、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーゼロワン』(毎週日曜 前9:00)、2つの世界が交差。ゼロワン誕生の物語と、ジオウが選ぶ本当の終幕が描かれる。  舞台あいさつには『仮面ライダーゼロワン』から高橋文哉、鶴嶋乃愛、岡田龍太郎、井桁弘恵、中川大輔、砂川脩弥、『仮面ライダージオウ』から奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐、映画ゲストの生駒里奈、山本耕史、杉原輝昭監督が参加した。

再生時間
00:02:46
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!
GYAO! 広告

映像一覧