[麒麟がくる] 第10回 まとめ | ひとりぼっちの若君 | 5分ダイジェスト | NHK
再生

ブラウザーで視聴する

[麒麟がくる] 第10回 まとめ | ひとりぼっちの若君 | 5分ダイジェスト | NHK

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

[麒麟がくる] 第10回 まとめ | ひとりぼっちの若君 | 5分ダイジェスト | NHK

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
[麒麟がくる] 第10回 まとめ | ひとりぼっちの若君 | 5分ダイジェスト | NHK

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
[麒麟がくる] 第10回 まとめ | ひとりぼっちの若君 | 5分ダイジェスト | NHK

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
[麒麟がくる] 第10回 まとめ | ひとりぼっちの若君 | 5分ダイジェスト | NHK

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

[麒麟がくる] 第10回 まとめ | ひとりぼっちの若君 | 5分ダイジェスト | NHK

[麒麟がくる] 第10回 まとめ | ひとりぼっちの若君 | 5分ダイジェスト | NHK

まで

京を訪れていた旅芸人の一座の元で、駒(門脇 麦)は戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫(尾野真千子)と再会する。その年の末、今川義元(片岡愛之助)が尾張の国境に侵攻してくる。信秀(高橋克典)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(のちの家康)の引き渡し要求に、道三(本木雅弘)は広い三河を今川に押さえられることに危機感を覚える。光秀(長谷川博己)は帰蝶(川口春奈)を通して動向を探るべく那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷将太)と出会う。■次回の放送は3月29日第11回「将軍の涙」【出演者】長谷川博己/門脇麦/本木雅弘/伊藤英明/川口春奈/眞島秀和/木村文乃/岡村隆史/向井理/片岡愛之助

再生時間
00:05:00
配信期間
タイトル情報
NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」
【放送情報】■NHK 総合 (日) 夜 8:00~/[再放送](土) 午後 1:05~■NHK BSプレミアム (日) 午後 6:00~■NHK BS4K (日) 午前 9:00~、夜 8:00~/[再放送](日) 午前 8:00~ 王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。 応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか…… そして、麒麟はいつ、来るのか? 若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。 「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。 従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。 明智光秀とはいったい何者なのか? 麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……