掲載期間 :2015年5月13日~

女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。

  • 第1話を見る

    play

    その他のエピソード情報はこちら
第1話をCHECK
  • 最新情報をお届け!公式ニュース
  • 公式Twitter

イントロダクション

キャスト

神聖かまってちゃんドラムみさこx120人のオーディションで選ばれたリアル中学生アイドル奇跡のコラボ!!

  • ロックバンド「神聖かまってちゃん」、アイドルグループ「バンドじゃないもん!」それぞれにてドラムを担当。華奢な体と童顔ながら、歌いながらドラムを叩くというパフォーマンスで男性はもちろん多くの若い女性にも大人気。

    神聖かまってちゃんミュージックビデオ
  • ミスiD2014グランプリ受賞
    an・an 次世代の注目ティーンに掲載されるなど、今大注目のアイドル。
    【映画出演】
    「サムライフ」「ワンダフルワールドエンド」
    「世界の終わりのいずこねこ」

    蒼波純 出演 ミュージックビデオ
  • 2012年nicolaモデルオーディショ
    ンでグランプリを受賞。同誌の専属
    モデルとしてティーンから圧倒的人気を誇る。

  • 北海道出身の中学生
    ロッカー。2014年から
    渋谷でワンマンライブを行い、Tokyo IdoL Festival2014 や@jam横浜アリーナなどの大規模アイドルイベントに出演。 14歳ながら、圧倒的な歌声とパフォーマンスをそなえ、実力派として高く評価されている。

    吉田凛音 ミュージックビデオ
  • ももいろクローバーZの妹分的存在である人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」 (通称:エビ中)に14年1月に加入する。エビ中最年少の14 歳。特技はバトンとトランペット。6月17日には8thシングル「夏だぜジョニー」が発売される。

    私立恵比寿中学 ミュージックビデオ

エピソード

オリジナルドラマ「女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ・」最新話無料配信中

  • 第1話
    「呼び名が命」

    play

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第2話
    「うちら親友だもんね」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第3話
    「ズル、ダメ、絶対。」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第4話
    「命がけの身体測定、
    そして。」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第5話
    「疲れてんのかな、私。」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第6話
    「魔法のつけまつ毛」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第7話
    「私がミス、
    ミスっぽくなりたい。」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第8話
    「力を貸して!」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第9話
    「魂込めれば」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第10話
    「大川のピンチ
    …はチャンス?」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第11話
    「ビートを刻め!」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
  • 第12話
    「青春、トイレで
    もう一度」

    GYAO!ストアで購入

    あらすじ
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE
CLOSE

キャラクター

登場人物紹介

特別映像

インタビュー映像

  • 蒼波純
    (大川たまこ役)

    play

  • みさこ
    (岡本れんげ役)

    play

  • 中山莉子
    (美少女役)

    play

  • 吉田凜音
    (ノン子役)

    play

  • 花梨
    (さゆみ役)

    play

  • 久間田琳加
    (佐々木役)

    play

  • 鈴木まはな
    (かのん役)

    play

  • 花形光音
    (ソプラノ生徒会長役)

    play

  • 森本奈々
    (道原もも役)

    play

  • 森本寧々
    (道原とも役)

    play

  • 蒼波純 #2
    (大川たまこ役)

    play

  • 特別トーク番組
    久間田琳加&吉田凜音

    play

フォトギャラリー

左
右

スタッフ

監督 白石和彌x脚本 根本宗子x劇中イラスト水野しず

映画「凶悪」で新藤兼人賞金賞を受賞した次回作が熱望される鬼才・白石和彌監督が、「凶悪」後に初めてメガホンをとる。
そして、演劇界を中心に、熱狂的なコアファンを獲得し、人気急上昇中のリアル女子演劇の注目株、根本宗子が脚本を担当。
さらに女性アイドルオーディション“ミスiD2015グランプリ”を受賞しながらも、アニメーションや演劇で活躍する水野しずが劇中イラストを手がける。

  • 監督 白石和彌 監督 白石和彌

    プロフィール
    1974年生まれ。北海道旭川市出身。若松孝二監督に師事し、数々の映画で助監督等を務め、『ロストパラダイス・イン・トーキョー』で本格的に映画監督デビュー。2013年に監督した映画『凶悪』にて、新藤兼人賞金賞を受賞ほか、第5回TAMA映画賞最優秀新進監督賞、第38回報知映画賞監督賞、第37回日本アカデミー賞優秀監督賞など、多数の賞を受賞。日本邦画界で次回作が待望される、今最も注目される監督の一人。

  • 脚本 根本宗子 脚本 根本宗子

    プロフィール
    19歳で月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降、全ての作品の作・演出を務める。独自の視点で人間の嫌な部分や汚い部分をコミカルに描く作品に定評を得る。また、役者としても精力的に活動し、近年ではラジオや雑誌への寄稿など幅広い分野で、熱狂的なファンを有する人気急上昇中のリアル女子演劇界の新星。

  • 劇中イラスト水野しず 劇中イラスト水野しず

    プロフィール
    モデル、マンガ家、イラストレーターなど、幅広く活動。過去最高の応募者数となった、ミスiD2015 にて、グランプリ受賞。「衝撃のパフォーマンスで見る者すべてを圧倒し“個性”と“美貌”を装備する」と評された。漫画やイラストでは、自身が不条理な世の中に対して違和感を抱え続ける様を表現として鬼として現世の混迷を照らす。

最新情報など更新中 公式サイトはこちら